オーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス等海外ビザのコンサルティングや取得代行サービス

お電話でのお問い合わせは03-6676-3960(平日:10:00~20:00、休日:11:00~19:00)
  • イギリスビザ等海外のビザコンサルティング・代行申請サービス View Grant HOME
  • 会社概要
  • 料金一覧
  • 資料請求
  • オススメリンク集

イギリスビザ専門-英国ビザ情報に特化した専門サイトはこちら!

国別ビザ情報

イギリスビザ編
イギリスのビザ免除プログラムからイギリス学生ビザ、イギリスワーキングホリデービザ(YMS)、フィアンセビザ、各種イギリス永住ビザなど幅広くご紹介しています。ご不明点などあれば遠慮なくお問い合わせください。
◆英国ビザ最新情報
2011年12月6日 2012年度の英国ワーキングホリデー(YMS)の募集要項が発表されました。詳細についてはこちらをご覧下さい。
2011年4月20日 5月18日より認定英語試験及び英語力の証明方法が一部改訂します
2011年4月14日 新学生ビザ規定に関する情報をアップしました。詳しくは学生ビザ情報をご確認ください。
2011年4月05日、学生ビザの審査が簡素化されることが発表になりました。詳細については最新ビザニュースをご覧下さい。
2011年4月よりビザ申請料金が改正されます。4月以降に申請される方はご注意下さい。新料金はこちら
2011年3月23日、企業家、投資家、学生、各種ビザのルールが一部改正となりました。

1.イギリスビザ免除プログラム(Tourist)

日本国籍保持者の場合、通常6ヶ月以内の滞在であれば、滞在期間をカバーする有効なパスポートと滞在中の生活を賄えるだけの十分な資金証明、帰りの航空券(又はイギリスを出国する航空券)をお持ちであればエントリークリアランス(ビザ)は必要ありません。入国時の審査官の判断によりその場でビザが与えられます。

滞在期間についてもこの審査官が提示書類を確認し判断することになりますので必ず6ヶ月間のビザが発給される訳ではありませんが、仮に入国時に3ヶ月間の滞在許可しかおりなかった場合には、現地にて延長手続きをすることで最大6ヶ月間までの滞在は考慮されることになります。

2.イギリス訪問者ビザ(Visitors)

日本人の場合にはビザ免除が適用されるため入国時の審査のみでビザが発給されるのですが、上記のように訪問者ビザが必要なケースや旅行以外の目的でイギリスを訪問する場合に必要なのがこのビザになります。

このビザで滞在できる期間は多くの場合6ヶ月以内ですが、状況により12ヶ月間までの滞在が認められることもあります。

3.イギリス短期商用ビザ(Business visitor)

海外で雇用されている者が商用目的にイギリスへ渡航する場合に取得するのがこのビザになります。 基本的な要件としては、以下のようなものがあります。(※日本人の場合、ビザ免除プログラムを利用することができるため短期商用ビザを渡航前に取得する必要はありません。)

4.イギリススペシャルビジタービザ (Special visitor)

スペシャルビジターとは、各種イベントに参加する宗教家、スポーツ関係者、エンターテイナーなどが取得するためのビザになります。また特別な理由をもって入国する場合にもこのビザが必要です。

治療目的、結婚をするための訪問、12歳未満の子供がイギリスで就学するために同行する親、子供が単独で渡航する場合、短期の語学留学(就学が主目的ではなく、6ヶ月未満であり尚且つフルタイムの就学へ変更や新しいコースへの変更ができない)、留学を検討している渡航者、などがこれに該当します。 (※日本人の場合、ビザ免除プログラムを利用することができるためスペシャルビザを渡航前に取得する必要はありません。)

5.イギリス学生ビザ(Tier4)

イギリスに6ヶ月以上の就学を目的とし、就学する学校が決定している状態で渡航する場合にはこのビザが該当します。2009年3月31日よりビザのシステムが変更となり、現在はTier4と呼ばれるポイント制学生ビザシステムが導入されています。 学生ビザはそれぞれ下記のように分類されています。

6.イギリス ワーキングホリデービザ(Tier5)/ Youth Mobility Scheme

2009年度より新しく導入された18歳から30歳までを対象とした異文化交流プログラムになります。一般的にはワーキングホリデー制度と呼ばれていますが、正式名称はユースモビリティスキームです。

このビザは最長2年間の滞在が認められ、就学は無制限、就労についても一部の職業を除き自由に働くことができるのが大きなメリットといえます。現在の年間発給枠は以前の400名から1083名となっていますが、2011年度の実績ではおよそ2週間で全ての枠が埋まってしまうという大変人気のビザプログラムとなっています。

7.イギリス就労ビザ(Tier2)

就労ビザとはイギリスの会社やその他機関がイギリス国内では見つけることができない労働者を海外から補うために利用する労働許可になります。このビザは大別するとスポンサー付スキルドワーカー、テンポラリーワーカー、その他の3つに分類することができます。

8.イギリス永住ビザ(家族)

このビザはイギリス国籍保持者や永住ビザ保持者との結婚や家族関係により取得できる永住ビザになります。

ビザの種類としては、英国籍保持者の婚約者、結婚、事実婚、子供、親などがあります。

9.イギリス永住ビザ(Highly Skilled Worker)(Tier1)

このビザは高度な技術を持っている方がイギリスで働いたり、起業をするために利用できる永住ビザになります。

審査の方法はポイント制度を利用しており、年齢、資格・学位、過去の給与額、イギリスでの経験の4つの項目にて80点以上(一部の国内申請者は75点)を獲得し、英語能力10点、移住資金10点の2つの項目を合わせた6つの項目にて100点以上(一部の国内申請者は95点)を獲得することが求められています。

10.イギリス永住ビザ(投資家)(Tier1)

イギリスへ100万ポンド以上の投資を行うことをベースとした永住ビザとなります。審査の方法はポイント制度を導入しており、合計で75点以上を獲得するこ とでビザ申請が可能となっています。

但しポイント制度とは言っても実際には100万ポンドの投資可能な資金を持っていることを証明できれば75点を得るこ とができるので、投資を行う意志と資金があれば誰にでもチャンスがあります。

イギリスビザ専門-英国ビザ情報に特化した専門サイトはこちら!

国別で選ぶ

このページのトップへ戻る

イギリスビザ等海外のビザコンサルティング・代行申請サービスの株式会社ビューグラント View Grant Co., Ltd.
海外旅行、出張、ワーホリ、長期滞在、ロングステイ、海外移住などの様々なビザ取得を各国弁護士・移民書士が当社専任担当者とともにお手伝いしています。
ビザを取得したい
詳しく知りたい
その他