オーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス等海外ビザのコンサルティングや取得代行サービス

お電話でのお問い合わせは03-6676-3960(平日:10:00~20:00、休日:11:00~19:00)
  • HOME
  • 会社概要
  • 料金一覧
  • 資料請求
  • オススメリンク集

ビザ申請用の健康診断について

ビザ申請用の健康診断について
海外のビザを申請する場合、国やビザの種類によっては健康診断やX線検査などを求められることになります。これは自国民を感染症などから守るためや公的な医療費負担を軽減するための対策となります。無料相談も実施中、詳しくはお問い合わせください。

健康診断やX線検査が必要とされる理由

オーストラリアなどの海外ビザを申請する場合、申請者の国籍、ビザの種類や滞在日数、現地での活動内容によって健康診断が求められることがあります。これは自国民を伝染病などの感染症から守る目的があり、これらの病気を患っている方は病気を理由にビザが発給されないことがあります。

感染症の種類は多く定められているのですが、例をあげると、結核、B型、C型肝炎、HIVなどです。日本には結核菌が存在しているため、オーストラリアやニュージーランドなどの結核菌が存在していない国からすると、日本人は感染症の菌を保有している可能性が高い(ハイリスクカントリー)に指定されているのです。

また感染症ではないが、継続的に治療を受けなければならない病気の場合でも国の公的な医療費補助を利用をしないこと明確にしなければビザが発給されないことがあるので、この点についても注意が必要です。

※小さなお子様や妊婦はX線検査が免除されていますので、詳細については状況に併せて確認するようにしてください。

国別の健康診断要求規定

一般的に観光や短期商用などの短期間の滞在の場合には健康診断やX線検査を要求されることはありませんが、就労、留学、移住など長期期間の滞在や現地の方々と触れ合う機会が多い場合には健康診断やX線検査を要求されることになります。渡航する国により条件は異なりますが、以下をご参照ください。

:アメリカ:
非移民申請者は特別に要求されない限り不要。移民ビザ申請者は健康診断が必要です。

:イギリス:
一時滞在者、永住者ともに健康診断は不要。※但し要求された場合には対応しなければなりません。

:オーストラリア:
観光、訪問、短期商用などの短期滞在は不要。学生ビザ申請者はX線検査、健康診断が必要、ワーキングホリデービザ申請者は過去に日本以外の国に3カ月以上滞在したことが有る場合はX線検査、就労ビザはX線検査が必要、永住ビザはX線検査、健康診断(血液検査含む)が必要です

:カナダ:
6か月以上滞在を希望する一時滞在者はX線検査、健康診断を要求されることがあります。永住ビザ申請者はX線、健康診断が必要です。

:ニュージーランド:
6か月以上滞在を希望する一時滞在者はX線検査、12か月以上滞在を希望する一時滞在者と永住ビザ申請者はX線検査、健康診断が必要です。

健康診断の受診方法

各国ともに指定病菌が決められています。また健康診断、X線検査用のフォームはご自身で作成しなければなりません。従って健康診断やX線検査が必要な場合には、健診用フォームを作成し、指定病院にて健診の予約をし、当日受診して頂くことになります。健診時に必要な書類は、パスポート原本、写真、健診用フォーム、保険証(※保険適用外)などです。

当日は、ドクターの指示に従い、健康診断を受け、その検査結果を移民局へ提出することになります。尚、検査結果を受け取るのに時間がかかることがありますので、健康診断は早めに手配することが良いのですが、オーストラリアではオンライン申請書と健康診断フォーム(e-health)が紐づいているので、申請書を作成した後で健診用フォームを入手し、健康診断を受けるという流れになります。

ニュージーランドなどは申請書とともに提出しなければならないので、申請前に健康診断を受け、結果を得た後にビザ申請を行うなど、国により手順が異なるので、事前に良く確認するようにしてください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ戻る

オーストラリアビザ等海外のビザコンサルティング・代行申請サービスの株式会社ビューグラント View Grant Co., Ltd.
海外旅行、出張、ワーホリ、長期滞在、ロングステイ、海外移住などの様々なビザ取得を各国弁護士・移民書士が当社専任担当者とともにお手伝いしています。
ビザを取得したい
詳しく知りたい
その他